弁護士バッジの本来の意味について

自由の象徴の意味合いがあります

本物は中央部分で判断する

本物の弁護士バッジは、中央部分が銀色になっており、その中には天秤が描かれています。
その為、ひまわりの花びら部分が金色になっており、中央は銀色になっているのです。
偽物だと全体的に金色にコーティングされている事が多いそうです。
それから、花弁の枚数が多い物もあるようです。

あと、男性用の弁護士バッジは、ネジ式になっています。
結構こうしてみると、偽物と大分違いがある事が分かると思います。
胸に付ける事が多いのですが、予想している大きさよりも本物は大きめに作られており、付けていると目立つそうです。
なので、普段から付けていない弁護士もいてその場合には、きちんとしたケースに入れて持ち歩いていて必要な時に付けるみたいです。

再発行した物か裏で確認する

弁護士バッジは、紛失してしまうと、所属している弁護士会に届け出を提出して、新しい物を再発行して貰う事が出来るようになっています。
その際には、裏に自分の登録番号と再発行しましたと言う証明である再の文字が刻まれています。
このような事がある場合には、間違いなく本物の弁護士であると思われます。

偽弁護士による振り込め詐欺や現金詐取も多くなっている事から、弁護士バッジを持っていてもまずは、疑って見ないといけなくなりました。
ある程度、法律の知識があれば弁護士になり済ます事は出来るのではと思いがちですが、法律だけではなく司法や多くの刑法の知識も必要になるのです。
弁護士バッジを持つと言う事は、そうした知識にも優れているという証拠ではないかと思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る